特許戦略編

1.新商品を開発しましたが、市場投入後の過当競争や価格破壊から自社製品を守りたい。どういう手立てがありますか?

産業財産権を確保して、模倣品を排除することで、市場での過当競争や値引き合戦による価格破壊から身を守ることができます。
産業財産権は、所有権の一種ですので、権利者が自ら商品を製造販売でき、無断で製造販売した業者に対しては、中止を求める差止請求や損害の賠償を求めることができます。
このような強力な力を持った権利ですので、ビジネスのツールとしてうまく使うと、事業の展開がやりやすくなります。
なお、特許の手続と権利期間の概要は、下図のとおりです。

川県高松市寿町1−1−1