特許戦略編

2.産業財産権にはどのようなものがありますか?

技術を保護する権利として特許権と実用新案権があります。商品のデザインを保護する権利として意匠権があり、商品やサービスの名前を保護する権利として商標権があります。これらの概要は下表のとおりです。

知的創作物を保護する権利
特許権(特許法)
技術的創作物全般(構造、方法、 物質、ソフトウェアなど)を保護
保護期間:出願日より20年
実用新案権(実用新案法)
技術的創作物のうちの物品の形状、構造等を保護
保護期間:出願日より10年
意匠権(意匠法)
物品のデザインを保護
保護期間:登録日より20年
営業標識を保護する権利
商標権(商標法)
トレードマーク、サービスマークを保護
保護期間:登録日より10年 (更新可)
上記の各権利は、貴社の商品について、技術的な面を特許・実用新案で守り、デザインを意匠権で守り、ネーミングを商標権で守ることができるので、貴社商品を模倣から多面的に守ることができます。