特許手続編

22.特許権を維持するには特許料の納付が必要ですか? 納付を忘れたらどうなりますか?

 特許、実用新案、意匠は権利を維持するためには年金を納付することが必要です。年金納付は毎年納付しても何年分かまとめて納付してもかまいません。
 納付を忘れた場合、6ヶ月間に限り倍額を納付すれば権利は消失しません。ただし、倍額納付を忘れたときは、権利は消失します。