特許戦略編

3.一般に、技術開発に成功すると、商品開発を行い、最終的に市場投入ということになります。このようなスケジュールと産業財産権確保のタイミングはどのようにすればよいのでしょうか?

 一般に特定の分野の商品・技術の成熟度は、下図のように、最初は上昇角が高く、しだいに緩やかになり、最後には低下していきます。
 このような過程の中で、技術開発が活発に行われる技術開発期では、核となる基本技術やそれを発展させた改良技術について特許を取っていきます。これらの特許は商品保護の基本となる権利になるはずです。
 ついで、技術開発が一段落し、商品化を行う商品開発段階では、引き続いて改良特許や細部の技術について実用新案を取得していくことになります。
 商品の市場投入後、市場が成熟してくると、競争力を高めるため、さらなる改良を加えたり、デザインを工夫することになるので、改良特許や意匠権を取得していくことになります。また、この時期に、不正競争防止法上のデッドコピー禁止規定が役立つこともあります。
 商品の成熟期に至ると、デザインとそれまでに培ったブランドでの勝負になりますので、新デザインの意匠権を取得していきます。また、ネーミングがブランド力に成長している場合は、その商標権を維持することで販売力につなげることができます。