特許戦略編

4.特許を取得しても模倣品を排除できなかったという話も聞きます。模倣品をうまく排除するには、どのような点に注意するとよいのですか?

 効果的に模倣を排除するにはコツがあります。それは大きく分けると、つぎの2点です。
 第1点は、一つ一つの特許の特許請求の範囲を、広い概念のものから細かい概念のものまで多段階に記載すること、また装置や方法、使い方などカテゴリーの異なる多面的な記載にすることです。こうすることにより、侵害者や侵害の態様に適合した権利行使が容易になります。
 第2点は、特許の網を張ることです。技術というものは、常に発展変化していくものですから、基本特許1件の取得で、いつまでも自社製品を保護することはできません。そこで、下図のような周辺特許を取得し、特許プロテクトの厚みを増すようにすべきです。